イラストレーションを利用するメリットとは

イラストレーションが効果的な場合とは?

多くの企業様では、自社の商品やサービスがわかりにくい、説明しにくい、というお悩みを抱えていらっしゃいます。

商品やサービスを伝えようとするあまり、文章が長くなってしまい、かえって読んでもらえない…ということも起こり得ますよね。

そんな時に効果的に利用できるものの一つが、イラストレーションです。では、イラストレーションが効果を発揮するのは具体的にどのような場合なのでしょうか。

 

具体的に目に見えない商品やサービスを説明するとき

ITソリューション、保険、コンサルなど事業内容などを短い言葉で説明するのが難しい場合などに、そのフローや解決前後の状態などをイラストレーションで簡潔に説明することができます。

 

事業内容が複雑で難解なとき

例えば難しい事業内容の場合、webサイトやリーフレットに長い説明文があってもなかなか読んでもらえません。イラストレーションで全体像や流れ、サービスの概要などを表現することによって、理解してもらいやすくすることが可能です。

 

事業内容が硬いイメージで敷居が高いとき

実際にご依頼頂いた内容ですが、建設業の企業様が小学校低学年のお子様に、自社の事業内容を伝えたい場合などです。子どもが興味を持つ内容とイラストレーションを組み合わせたコンテンツで、建設業を身近に感じてもらえるように、とご依頼頂いたことがあります。イラストレーションを使用することによって、伝えたい相手に「目線を合わせている」ことを瞬時に伝えることができます。

 

直接的な表現を避けたいとき

例えば掃除前の汚れ、虫、ケガの様子など、写真で表現することがはばかられる場合に、イラストレーションを用いることによって、ソフトな表現にすることができます。こういった目的でのご利用も多いです。

 

特定の人に強く興味を持ってもらいたいとき

イラストレーションのタッチ、色使い、描かれたモチーフの頭身、画面全体の雰囲気などを伝えたい相手に合わせることによって、「自分たちに向けた内容のものだ」と認識してもらうことができます。見て欲しい人にこちらを向いてもらうように表現を自由に工夫できるという点はイラストレーションの大きな利点です。

 

お子様に興味を持ってもらいたいとき

私のイラストの場合ですが、幼児向けに明るい元気いっぱいな表現、学習系のお仕事では小学生くらいのお子様にとって親しみやすいタッチで興味を持って頂きます。色合いや表情、頭身などを工夫することによって、見て欲しいお子様に対して興味を惹きつける表現を心掛けています。客観的に見て「かわいい、楽しい、伝わる」が表現できているかをチェックしながら制作しています。

 

 

以上のように、いろいろなシーンでイラストレーションを使用する具体的なメリットがあります。もし当てはまる項目があれば、イラストレーションの活用をご検討されてみてはいかがでしょうか?


イラスト制作資料をご用意しています。
どうぞごゆっくりご検討ください。

資料ダウンロード

Bitnami